2016/05/09

久しぶりに和束〜信楽へ上がってみた。



GW最終日というか、普通に日曜日。前日の十三峠〜くろんど池の100kmライドと若草山トレラン14kmで足はパンパンやったけど、天気はええしちょっとだけ走っとこうと思って久しぶりに信楽方面へ行ってきました。

うちからだと信楽から瀬田川へ向かい、宇治川ラインで帰ってくると100kmちょいとなり、プレトレで走っていた頃からちょいちょい行ってたお手軽コースです。和束のローソン、信楽7、宇治川7、山城大橋の7と、バランスよくコンビニが点在しており、さらに交通量、信号ともに少なめなのが高ポイント。

走り出したのは朝7時半。ゆっくり目のスタートですが、気温はまだ低く目覚ましにちょうどいい感じでした。風も穏やかで走りやすく、和束を登り始めると新緑が目に眩しくとても気持ち良かったです。

そういえばCOSINホイールに変えてから初の信楽行きです。登りの中盤あたりに信楽まであと15kmの標識があるんですが、いつもそこで家からのタイムを計っていました。今まではだいたい1時間5分〜10分。信号もあるので多少ばらつきますが、だいたいそんなところで、なかなか1時間を切るまでには至っていませんでした。ところがこの日は違いました。なんと51分。緩斜面でのロスが少ないな〜とは思っていましたがこれほどとは。

ホイール交換する前までは、軽量つっても限度があるやろ〜位にしか思っていませんでしたが、体験してしまうとやはりより軽量のホイールやバイクが欲しくなってしまいますな。。。

そんな物欲まみれのまま高度を上げていくと、次第に両側から新緑が迫り、邪な感情を浄化してくれます。湯船のあたりでは小川のせせらぎも加わり、本当に気持ちの良い空気に包まれて体の奥からリフレッシュしていくようでした。

信楽の街中はいつものタヌキの焼き物だらけ。いつも同じ顔ぶれのような気がしますが、1つくらいは売れてるんでしょうか?めっちゃ気になります。気になったといえば、途中に陶芸の森という場所があるのですが、そこの英語表記がセラミックアートパークってなっていました。いやー、そうなんだけど、そうじゃないよなー。小説の超訳みたいに直訳よりもニュアンスを伝える訳のほうがよかったんじゃないかなと思いました。

ここまでくればあとは折り返しで、瀬田川で琵琶湖を眺めてから宇治川ラインを下り、山城大橋までさくっと走りました。そして木津川CRまで出て大阪方面を見ると空がグレーや。。。ついさっきまで新緑まみれでめっちゃ綺麗やった視界が一気にトーンダウンです。朝の天気予報で今日は黄砂がすごいよって言っていたのを思い出しました。ただ、これはすごすぎやろ。。。

残りの距離はあまり息を吸い込みたくなかったのでさくっと帰って今日のライドは終了!
それにして走りやすい天候でどこを走っていてもめっちゃローディー多かった。
スポンサーサイト