2016/08/21

ヒルクライム大台ヶ原 本番へ向けた対策

とは言うものの、今更できることは限られているので
試走2回目の反省点を修正しておくくらいでしょうか。

まずは明らかな凡ミスをなくす。
キャップ半開けでトップチューブにテープ止めしていたジェルですが、
なぜか先にテープを外してしまい、キャップを外すのに手間取りました。
事前にどういう動作で補給するのか考えていなかったため、
やらかしてしまいました。
ついでに、テープが剥がしづらかったので、
折り返しを大きくして、つまみやすくしておく。

次に補給タイミングの修正。
1本目
スタート直前→スタート5分前にして
血中濃度ピークと激坂区間スタートのタイミングを合わせる。

2本目
激坂途中の下り区間→激坂スタート前の斜度が上がり始めるところ。
高速区間で抜かれると抜き返しが面倒な事と、
狭い場所なので周りのスピードと違いすぎると危険と判断。
登り手前でスピードが落ち着いたところでサクッと摂取してタイムロスも最小に。
血中濃度ピークも激坂終盤へと合わせて一踏ん張り。

3本目
展望台→展望台手前の斜度が一旦緩やかになるところ。
展望台で摂ろうとしたら、思いの外急な斜度で呼吸が乱れ、
3分割摂取しなければならなかった。
呼吸を整えて摂取し、ドライブウェイまで体勢を崩さず登り切る。
血中濃度のピークもラストの5分間へ。

あとは、もう少しコースイメージを焼き付けたいところですが
そうそう何度も通えないので、体調管理に気をつけて
本番のレースを万全の態勢で楽しみたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/08/21

ヒルクライム大台ヶ原 試走2回目

8月20日(土)
ヒルクライム大台ヶ原の走行会へ行ってきました。

奈良からの自走なのでAM3時に出発し、
足を使わないようにゆるゆる漕いで
4時間半ほどで到着。

その時点では気温も22度前後と
まぁまぁ快適だったので
補給食のあんぱんを食べた後、
激坂前までの道で30分ほどアップ。

そして定刻の9時になり受付後スタートするも
この時にはギラギラと照りつける日差しが痛いほどになっていました。

体力が日差しで奪われるのを避けるように木陰を選びつつ
激坂区間では大量の落石と木の枝を避けて走り、
今回のタイムは1時間37分42秒でした。

前回のタイムが1時間40分31秒だったので
2分49秒の短縮。
40分切りを目標にしていたので
上々の結果でした。

このタイム短縮のために準備したのがこちら。

IMG_2589.jpg

前回、激坂区間で思いの外足を削られたのと、
ドライブウェイに入ってから全く足が回らなかったので
アミノバイタルパーフェクトエネルギーをスタート前に1本摂取し、
さらに2本をフレームに搭載と、自分の経験上、信頼度抜群のジェルを3本使いました。

補給する際のタイムロスも
キャップ半開け状態でトップチューブにビニールテープで固定することで、
片手開封、片手摂取、ゴミは再度フレームに貼り付けておくことができ
背中に入れておく場合に比べ、かなり防げたのでは?と思います。

実際に激坂区間〜展望台では1分34秒、
ドライブウェイ区間では
短縮タイム全体の66%に相当する1分52秒も短縮できました。

逆に今回タイムを落としたところは
抑えていこうと予定していた
スタートからの平坦区間で-37秒
補給に手間取った
展望台からドライブウェイに出るまでの間で-14秒でした。

全体としてはほぼ計画通りに走れたので
本番ではフレームから重たい荷物も外せるし、
1時間35分あたりを狙っていこうと思います。

平坦区間とドライブウェイでドラフティング出来たら
追加で2分くらい稼げるかな。。。?
いずれにしても30分切りのイメージが湧かなさすぎて凹みます。|ω・`)
ほんまに速い人ら、凄すぎですわ。。。

走り終えてからのガラポン抽選では
見事に白玉を引き当てお茶ゲット!(俗に言うハズレですな。。。)
川に入って涼んでから帰りました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村