2016/10/16

DynaFlyte を試着してきた

奈良市内では結局試着できなかったので
アシックスストア大阪まで行ってきました。

場所はJR大阪駅直結のグランフロント大阪北館3F
大阪マラソンもあるし、旗艦店やしさぞかし賑わってるんやろなーと思っていましたが
なんだか閑散としていて、セール期間外のメンズブランドショップのような雰囲気でした。

と、そんな事はさておき
シューズコーナーで試着したい旨を伝えるとサクっと希望サイズを出してもらえました。
おぉ。さすが直営店。お客さんよりスタッフが多いので待ち時間も0です。

それではまずは見た目から。
写真で見るとどぎついカラーですが実物を履いて上から見てみるとほぼグレー。
割とおとなし目な印象です。



サイズ感はKAYANOのレギュラーより少しキツメと聞いていましたが、
シューレースはバランス良く締める事ができ、同程度のように感じました。
一番の不安要素がここだったので、まずは問題クリアです。

そして履き心地。
GEL-KAYANO 23 と比べるとゲルが無い分の差をはっきりと感じ取れます。
かかと部分が超ぺったんこ!!!
いやいやいやいや、、、これほどまでぺったんことは。
KAYANOを試着した時のようなクッション性に感動!!!
なんてことは全く無く、むしろ無さすぎて不安です。
CONVERSのバッシューかな?と、一瞬学生時代の記憶が呼び起こされました。

あまりに不安だったので、その場で軽くジャンプしてみると

タスっ!

お?
着地の衝撃が少ない。

片足ジャンプでも
タスっ!

おおっ?
なかなか良い感触です。

足の保護に重点を置いたクッション性と、スピードに求める軽量性と反発力、
それぞれのちょうど中間点のような味付けに仕上がっているように感じました。
よく言えばバランス型。悪く言えば中途半端。

まさにサブ4ランナーのためのシューズ!
普段のトレーニングから本番までこれ1足で!
そんなコピーが頭に浮かびます。

落とし所としては、普段はKAYANOを履いて、
スピード練や本番はDynaFlyteをと使い分けるのが良さそうに思いました。

が、どちらもそこそこいいお値段なので
どちらで行くか。。。秋の夜長に悩みは尽きません。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/10/16

TペースとMペース

10月15日(土)奥山からの朝帰り。
補給と着替えを済ませてラントレへ。

この日のメニューは24kmラン。
最近は長距離ランといえばトレランで、柔らかい地面ばかり走っていたので
たまにはガチガチのロードを走っておこうかと思い、近所の公園の外周を走ることにしました。

入りは6:00/kmほどからゆっくりと入り、
ナチュラルビルドアップで5:00前後/kmまで上げていきました。

この5:00/kmというペース。
マラソンの記録からするとLT閾値走のペースですが、
この日は特に意識することなくサクっとそこまで上がったので
お、調子いいな〜と思いながらそのまま走っていると、
1時間ほど経過した辺りから5:20/km前後のマラソンペースまでスローダウン。。゚(゚´Д`゚)゚。

LT閾値は1時間維持できるペースと言われますが、
身をもって体感した瞬間でした。

後はそれ以上ペースを落とさず走り切ることを目標にして
2時間7分でフィニッシュ。

ペース管理の重要性を再認識した練習となりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/10/16

10月15日(土)の奥山朝練

この日はsenさんと二人旅。
僕はランの方でLTインターバルとVO2 Maxインターバルをやっていたので自転車はゆるゆるペース希望。
senさんは朝練後から曽爾高原へ走りに行くとの事でリュックを背負ってゆるゆるペース希望。
双方の思惑が一致したので、ペースはL3のさらに下のイージーペースに設定して
気持ちのいい朝日と新鮮な山の空気を浴びながら登りました。

とはいえせっかくの朝練なので、
奥山TTでのペース配分やら加速ポイント、
視線でコントロールする骨盤傾斜とペダリングの関係など
ゆるゆる走ならではの練習もしました。
ガチTTじゃあ喋ってる暇はないですしね。

一台峠でもダンシングとシッティングの比較や使いどころ、
お互いの考えを交換しながら走りました。
同じようなタイムで登る峠でも走り方は千差万別。
新しい意見を取捨選択しつつ走りに反映してみるのもなかなか楽しいです。

そして本日メインの中之庄トンネル。
コース前半は10%強の直登
後半になるとやや緩んで5%〜6%
平均勾配8%、距離1.2kmのショートクライムです。

セグメント手前ですでに登坂経験済みのsenさんから
懇切丁寧にコース解説を受けて、いざアタック!

ここまでサラ脚同然で来ていたので
序盤からやや突っ込み気味に入りましたが、
やっぱあかん!これは騙されるパターンや!と思い2速ダウン。
自分が維持できない強度は故障の元です。

後半になって斜度が緩む所からは
脚に感じる疲労感をコントロールしつつ回して登って〜。
4:48!なんとsenさんとピッタリ同タイムでした。

平均スピードは16.2km/hだったので、
奥山TTの登坂車線を少しきつくしたくらいの強度でしょうか。
これを6本くらいリピートしたら効果的やろな〜と思いつつ
これにて朝練終了!

僕はここから朝ランに
senさんは曽爾高原へ。

となるはずでしたが、荷物チェックで1つ忘れ物がある事に気がついて一緒に下山。
久しぶりに鉢伏峠を通りましたが、20%超の下りがめっちゃ怖い。
ここは登るだけにしておこうと強く心に誓いました。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村