2016/12/18

「山の神」さまへお供えライド

12月18日(日)
朝はひんやり寒かったものの、お昼前に買い物に出かけてみると
ポカポカと暖かい自転車日和キター。
今日は1日ゆっくりと過ごすつもりでしたが、
お昼を食べてからいそいそと準備して、数週間ぶり?のライドへGO!

目的地は、帰りが遅くなると凍える思いをするのは目に見えていたので近場の布目ダムへ。
せっかくなので「山の神」さまへのお供えを持って行こうと思い、
サイクルジャケットにハイボール1本突っ込み、いざスタート!

走り出して5分程で柳生へと続く山へ入っていきますが、
久しぶりのライドなので、今日は心拍縛りなし!
最初の登りからゼーハー言いながら汗だくで登って、PR更新!

ちょっといい感じの風が吹いていた気もしますが、
後から心拍ログを見てみるときっちり限界まで上がっていたので良しとしましょう。
登りきった後は、ゲー出そうでした。

そこから大柳生、柳生と走り、布目ダム横の「山の神」さまへ到着した頃には
足ぷるっぷるでした。この感じ、久しぶり。。。
たまには自転車足にも刺激入れておかないとあっという間に鈍りますね(´・ω・` )

IMG_5020.jpg

そして「山の神」さまにはすでにビール2本とポカリ1本がお供えされていたので、
それに倣うように持ってきたハイボールを「山の神」さまへお供えし、今年一年の報告をしました。
どこにでもあるような石碑ですが、こうして信仰を集める場所って凄いと思います。

この後はすぐ近くの「布目の里」までゆるゆるライド。
地の野菜と、パン、ケーキ、ドリンク、ランチが頂ける小さな道の駅っぽいところですが、
そのクオリティが素晴らしく、近くを通る時には必ず立ち寄ります。

到着したのが午後2時という事もあり、人気のパン類はほぼ完売していましたが、
まだ食べた事のないりんごパンが残っていたので、それを1つ頂いてみると。。。

うま〜いっ!
小ぶりながらりんごの風味を活かした甘さと、
隠し味的に使われている干しぶどうの甘さがめちゃくちゃマッチしていました。
作っているのは近所のおばちゃん達らしいのですが、レパートリーの多さと
そのクオリティに毎回驚きます。

で、肝心の写真はない、、と。

代わりに薪ストーブの写真、置いときますね。

IMG_5030.jpg

冬季営業中はこうして薪ストーブで暖をとれるテラス席が用意されていて
ほっこり暖かい時間を過ごせます。

さらに店舗横には地元淡水魚のアクアリウムも常設されており
元気に泳ぐ魚たちの姿も楽しめます。

IMG_5027.jpg

この日は何やら大物が投入されていましたが、
どこで採ってきたんだろう。。。

十分に暖をとったところで、帰りはささっと走って若草山へ。

IMG_5032.jpg

今年は本当によく登りました。
いつ登っても山の景色は新鮮で飽きることがありません。むしろ毎回ワクワクします。
自分の足はこの山で出来ていると言っても過言ではないので、ここでも山をひと拝み。
また来年も登りますよ、、っと。

最後に、今日のライドRelive.を置いときますね。
『山の神』さまにお供えライド

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
2016/12/18

大台ヶ原マラソンinかみきた

2017の参加予定レースにあげた「大台ヶ原マラソンinかみきた
第3回大会のリザルトを見てみると年代別などは特にないようでした。

男性のみのリザルトを見てみると、参加者204名で、DNS、DNF無し。
トップのタイムは1:43:42Σ(゚□゚(゚□゚*)
上位20%に入ろうと思うと2時間14分台Σ(゚□゚
50%で2時間37分台と、ガチ勢の集いのようです。
ハーフとは言え、標高差約941mを登るのに速すぎませんかね。。。

いや、もう、ほんとスイマセン!((´・ω・`;))
もっとゆる〜く和気藹々とした感じを想像してました。

以下大台ヶ原マラソンinかみきたのHPから引用
「老若男女が集い、走り、大自然や人とのふれあいを、純粋に楽しむことができる大会になればと考えています。春の大台ヶ原の神聖な空気を目いっぱい吸い込み、途中に開ける絶景をご堪能ください。」

山も春という季節も絶景も、まるっとご堪能する気満々でしたとも!
なんなら温泉も入ってエンジョイする気満々でしたとも!

普段の山練は若草山(モンベルのガイドブックで初心者向け)でトレランをしていますが、
そこでのハーフベストラップが2時間10分程。下りや平坦部分もあって、足を休めながら走ってこれなので
大台ヶ原をひたすら登り続けて上位20%入りはちょっと無理ゲーな雰囲気でした。
そのタイムで走れたら奈良マラソンでサブ3.5切れるやろっていうくらいのインパクトです。

今の走力からイメージできるのはギリギリ50%ライン。
少し盛って2時間35分切りを狙って行こうと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/17

目標と計画。

奈良マラソンで2016シーズンを締めくくってから中4日、
すっかり疲労も回復したので2017シーズンスタートです♪(/・ω・)/ ♪

その前に2016シーズンにどれくらいのトレーニングをしたのか振り返ってみると

ライド  141
距離   9,106.0 km(Festive 500が残っているので後600km位は走る予定)
タイム  398時間 15分
獲得高度 175,163 m(STRAVAログの集計なので、これの半分くらい)

ランニング 102
距離    1,219.0 km
タイム   118時間 47分
獲得高度  20,736 m(トンネルコースは走っていないのでほぼ実測値。。?)

水泳  10
距離  9,800 m
タイム 12時間 25分

こんな感じで、まずまずのバランスで取り組めたように思います。
水泳はもっとがっつり取り組みたいけれど、夏場の1ヶ月だけなのでやむなし。

さて、ここからが本題です。2017シーズンをいかに過ごすか。
まずはトレーニング全般に共通する行動指針を考えてみました。

トレーニングの質を上げる
・睡眠を十分取り、しっかり回復した状態で行う。
・トレーニング後の栄養補給とストレッチを行い、疲労を持ち越さない。
・自分にとって適切な強度でトレーニングを行う。(呼吸と心拍で管理する)
・オーバートレーニングにならないよう、無理な追い込みをしない。
・使う筋肉、フォームへ意識を向ける。
・病気と怪我は予防と回避。

体の土台作りを中心に取り組む
・有酸素トレーニングを楽しむ。
 毛細血管、代謝機能、遅筋を発達させてるんだと意識しながら取り組む。
・LTトレーニング(HRRに対して70〜85%)でスタミナ育成。
 ついでに自分の乳酸閾値が心拍ベースでどのあたりにあるか探る。
 (HRR=最大心拍数−安静時心拍数、Heart Rate Reseve:心拍予備量)

心肺能力を向上させる
・有酸素トレーニング、LSDで毛細血管を増やす事で、筋肉の隅々まで新鮮な酸素を届ける。
・酸素を届けるのはヘモグロビン。赤血球を十分作れるよう、食事から鉄分を適度に摂る。
・乳酸閾値の改善、最大酸素摂取量の改善。これは素人じゃ計測不可能ですが、
 意識の片隅に置いてE3、E4トレーニングを行う。

だいたいこんな感じでしょうか。2016シーズン後半あたりから取り組んでいる事ばかりですが、
やはり基礎を大切にし、身の丈に合ったトレーニングをする事で、故障なく過ごす事ができると思います。
実際、例年は足腰、特に膝周りを痛める事が多々ありましたが最近はぐっと減ってきました。
(11月に大風邪を引いた時はオーバートレーニングと、体温管理不足の上、
お酒を飲みすぎたと反省しています|ω・`))


そして2017シーズン目標!
出場予定のレースは4本
4月の伊吹山ドライブウェイヒルクライム(14.9km、標高差1035m、雪で変動)
5月の大台ヶ原マラソンinかみきた(ハーフ、標高差941m)
・9月のヒルクライム大台ヶ原 since2001(28km、標高差1,240m)
・12月の奈良マラソン(フル、累積標高410m)

もうトレランもやっちまいなよ!っていう感じで登りまくりですね。

伊吹山の方はsenさんとザクさんにダメ出しされたので
1時間切りの目標を少し上方修正して58分切りで!
YouTubeを見たり、イメージトレーニングを繰り返してみましたが、
現状の力ではこの辺りが現実的なラインだと思います。|ω・`)チラッ

大台ヶ原マラソンは自分の中に基準がないので
ざっくりとした目標ですが年代別で上位20%入り。

この2大会は開催時期も近いので、トレーニングの組み合わせは
ラン2/週、バイク2/週、デュアスロン1/週、休養2/週で
基礎メニューを中心に走り込んで行こうと思います。
例年、4月中旬頃に1回目のピークが来るので、案外いい成績を残せるのでは?と思っています。

そして本命のヒルクライム大台ヶ原
以前、変なテンションで80分切りで!と書きましたが、
そのまま80分切りで!
前回の大会でダメだったスタート前のエネルギー摂取、位置取り、補給を見直して
後半にヘタレた部分を修正して臨みます。
あと体重。前回はベスト+1kgだったので、きっちりコンディショニングする。

トレーニング目標は奥山TTで17分台入りを8月までに。
2016シーズンは、スクワットオールアウト、休養、休養、TTで毎週のように自己ベストを更新したので、
基礎トレの合間に筋トレも組み込んで回復のピークコントロールを身につけていく。

シーズン締めくくりはやはり奈良マラソン。走るシカない!
いいですね、このシンプルなキャッチコピー。全ての基本のように思います。
目標は3時間50分切りで!

トレーニングプランは今までRunKeeperを使っていましたが、今年はMY ASICSを使って、
よりパーソナライズされた長期的なプランに基づいて走り込んで行こうと思います。
ただし、ペース管理は呼吸と心拍で行い、タイムに囚われすぎないようにします。

最後に、通期目標4〜5%の成長。
過去ログを振り返ってみると、ゆるやかに伸びてきているのと、
自分自身がそこに立っているイメージができているので達成できると思います。

基礎としっかりとした土台固めを継続し、この先も、ずっと先も
競技を楽しめる体を維持していこうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/15

On your mark.

奈良マラソンから96時間。
足の筋肉痛もやっと治り、順調に回復してきました。

その筋肉痛ですが、走り始めた頃は足の筋肉の使い分けなんてどうやんねん???って感じで、
局所的な筋肉痛ばかりでしたが、今回の筋肉痛は前ももとハムストリングがバランス良く使えたようで
痛みの出方が良い感じでした。

使い分けの方法は自己流ですが、
目的の筋肉に手の指先を軽く当て、筋肉が収縮するタイミングを認識するだけ。
あとは指を離しても筋肉の動きを把握できるようになるまで、何度も繰り返す内に
だんだんと使い分けられるようになってきました。

この1年、ハムストリングを意識的に使うトレーニングに取り組んで、
ラン&バイクでの登坂力が上がってきた実感もあります。




ここまで7年。

500mも走れなかったところから始めて、
今、やっとスタート地点に立てたような思いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
2016/12/14

決めろ!ネガティブスプリット(=゚ω゚)ノ

今回の奈良マラソンでは気持ち良いほどスパッとネガティブスプリットが決まったので
その事について書いてみようと思います。

Q.そもそもネガティブスプリットってなんやの?
A.前半抑えて後半にペースを上げていく走り方です。
ただしラストスパートとは違います。残距離1/4位からじわじわ上げていく感じ。

とは言え、前半もそれなりのペースを維持しておかなければ、
後半にペースを上げたところでベスト更新とはならないので、抑え具合が難しいです。

そこで今回立てた作戦が、心拍70〜85%の範囲内で最低保障ペースを維持すること。
10kmを56分、20kmを1時間53分、30kmを2時間50分以内に通過し、
35km地点からペースアップしていき、サブ4でゴールすることを目標にしました。

更にエネルギー補給計画も試走の段階でテストし、SAVASのPIT IN3本を携帯して走ることにしました。
摂取タイミングは15km、25km、35kmとし、前半2本はノーマルタイプ、
ラストはカフェイン入りのものを選択しました。

公式/私設エイドも十分あるのに、あえて補給食を携帯した理由は、
以前のブログ記事「読むサプリで速くなる。」で紹介した「非常識マラソンマネジメント」に書かれていた
脳の騙し方に共感する部分があったからです。

以前から、自転車レースの際には補給食としてジェルタイプのものを使用しているのですが、
わずか170kcal程度の摂取で、疲労困憊の状態から劇的に回復するという経験を何度もしています。
この謎の答えが「脳を騙す」だと思い、今回も検証を重ねるために実戦投入しました。

あと、これは風邪を引いたおかげで気が付いたのですが、直前1ヶ月のカフェインカットも超重要。
日常的にコーヒーなどでカフェインを多量に摂取していると、寝る前に飲んだとしても眠れてしまいますが、
1ヶ月近くカフェインカットした後に同じように眠ろうとしても眠れません。
カフェインによる覚醒効果を最大限発揮するためには、体から完全にカフェインを抜いておく必要があると思います。

ネガティブスプリットを決める為の下準備はここまでで約2か月。
あとは本番を万全の体調で迎え、走るだけです。

。。。

本番では30km地点の通過タイムが1分押しとなった以外は、全てが計画通りに進行していきました。
そして、先のブログで書いた通り、天理の山越えが終わった32km地点から心拍ゾーンのリミッター解除!

35km地点に差し掛かる頃には、疲労が溜まり、足も重く感じていましたが、
上げたペースは維持できていました。ここで最後のPIT INカフェイン入りを摂取!

経験上、効果が現れるまでに約15分、ブースト効果が持続するのは20分〜30分程度。
この日もほぼ経験通りのタイミングで効果が現れ、37km地点を越えた辺りから次第に足の重さが薄れていき、
39km〜40km区間ではこの日のベストラップとなる走りができました。

この辺りで、ほぼ同タイミングでペースアップしていた激走ミニーちゃんを抜き、
ラスト1kmでも30人程抜いてゴール。

ゴール直後から足はガクガクでしたが、
今から思えば、ブースト効果がちょうど切れたタイミングだったと思います。

●考察とメモ●
ネガティブスプリットは計画的に。
基準となるプランを練り、事前に試しておくことが重要。
心拍計があれば疲労/ペースを管理しやすい。

脳は騙せる。
ただし、騙すための大前提として、脳に疲労感が溜まっている事。
元気な内に摂取する補給食にはカロリー/栄養補給以外の意味は無い。
脳が騙され始める時間と効果時間は今までの経験通りだった。
騙した分だけ、反動がキツイ。ご利用は計画的に。

カフェイン摂取は集中力アップと諦めない気持ちの継続に効果あり。
ただし、事前にカフェインカットする必要があるので、コーヒー好きにはキツイ。

●終わりに●
こうして書いてみると、ネガティブスプリットと脳を騙す合わせ技でしたが
実戦投入でバチッとはまった時には快感すら覚えました。
下準備は色々と大変ですが、それもまた楽しいので、次のレースでも実践してみようと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/13

奈良マラソン2016で印象的だった人たち。

奈良マラソン2016を走り終えた翌日からずっと筋肉痛で、
ひょこひょこと歩く日々が続いております。
幸いにも故障しなかったので週末にはトレーニングを再開できそうです。(=゚ω゚)ノ

奈良マラソンでどこまでひっぱんねんって感じですが、
今日は走りながらも印象的だった人たちを紹介してみようと思います。

サブ4ペーサー。
前の記事にも書きましたが完璧な仕事っぷりに驚きました。
ゴールタイムもほんの少しの余裕を残しての走りだったようです。
綺麗なサブ4。目指すスタートラインを垣間見たような気がします。

100km Finisherシャツの女性ランナー。
走りが落ち着いていて安定感抜群。
100kmを完走する人が選ぶ奈良マラソンって。。。

180cm位の長身女性ランナー。
ビキニウエア(っていうのかな?)に身を包み、颯爽と走られていました。
印象的だったのはその足運び。
パッと見でわかるつま先着地でぽんぽんと軽くリズムを刻むように走られていました。
つま先着地の人を初めて見ましたが、これでフルを走れるのか、、、と驚きました。

裸足の男性ランナー。
毎回見かけるんですが、ちょっと凄すぎ。足の裏とか大丈夫なんでしょうか?
いや、大丈夫だからそのスタイルなんでしょうけども、
インパクト絶大です。

草履の男性ランナー。
こちらも大概凄すぎです。鼻緒が指の間に食い込んで大変な事になりそうですが
颯爽と走られていました。

激走ミニーちゃん。
終盤の35km前後では大変お世話になりました。
見間違いでなければ巨大な手袋をされていたようですが、
あれでよく腕振りできるな。。。しかもなんでその格好で速いねん!と驚きました。
あと、沿道からの声援が多く、コスプレランも楽しそうだなと思いました。

緑レンジャー。
全身タイツ。目の部分はメッシュになっていましたが、
パッと見で口元はタイツ生地でした。呼吸とか大丈夫なんでしょうか!?
高地トレーニングでもしていないとできない格好だな。。。と感心しました。

とまあ、こんな感じで、それぞれのスタイルでエンジョイしているランナーを見かけると
それだけで楽しい気分になり、苦しいところでも随分と気を紛らわせる事が出来ました。
他にもボコボコしていて動きにくそうな被り物のランナーも見かけましたが
ガチ勢すぎて意味わかりませんでした。なぜその格好でフルを走れるのかと。

こんな皆さんを見ていると、
自分ももっと余裕を持って走れるようにトレーニングを積み重ねていこうと思いました。

そして奈良マラソンネタはもう少し続きます。♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/12

奈良マラソン2016を振り返って。

いやー。奈良マラソンはやっぱりキツイですね。
毎回コース設定がちょっと頭おかしいんちゃうかと思いますが、
そのキツイのがだんだんクセになる感じで、ついついエントリーしてしまいます。
うちからスタート地点まで1kmほどというのが一番のエントリー理由ですが(=゚ω゚)ノ

口でキツイと言ってもどれくらいキツイのかわかりにくいので、
今回のSTRAVAログをドン。

奈良マラソン高低表

前半の7kmを過ぎるともう山シカない!累積標高は410m程となり、ちょっとした登山です。
そして25km地点が天理市での折り返しですが、その両脇に立ちはだかる壁!
行きはジェットコースターのような斜面で前ももの筋力が奪われ、
天理市内のアップダウンで地味に足を削られた後、
帰りは斜度8〜9%の坂を登らなければなりません。

今回は心拍ゾーンで強度の目安を決めておいたので
登りでは思いきってペースを落とすことができましたが、
これ、突っ込んでたら終わってた。。。

この天理の山越えをした後も小さ目のアップダウンがゴールまで続き、
数多のランナーの心をポッキリ折りにかかってきます。
今回も、道路脇で医療スタッフに救護されているランナーや、
倒れ込むランナー、足つりで苦しそうなランナーを大勢見かけました。

とまあ、そんなマゾい奈良マラソンを、今回はどう走ったのか
忘れないうちに書き残しておこうと思います。

スタート前
待機列の整列時間ギリギリまでトイレに繰り返し並んで軽量化x1と小x3に成功。
そんな頻繁におしっこでねーよと思われるかもしれませんが、
精神統一(//>ω<)して集中することで意識的にできるようになりました。
これのおかげか、1ヶ月に及ぶカフェインカットの成果か、
競技中どころか、家に帰るまで一度もトイレに行かずに済みました。
例年だと競技中に3、4回はトイレロスがあったので、大きな進歩です。

スタート〜奈良市街地
序盤は超団子状態で進んでいくので、バラけるまでは我慢のペースで淡々と走りました。
が、ここでもう足に異変が。この1年なったことのないシンスプリントで左スネが痛い。。。
幸いにもペースは落ち着いていたので、そのまま5kmほどで痛みは消えて行きました。

折り返してからは、応援に来てくれている職場の同僚から声援をもらって少しリラックス。
朝からやたらドキドキしていた心拍も落ち着きを取り戻したように感じました。

10km通過〜ハーフ
10kmを56分で通過。直前の登りを淡々と刻んで想定通りのタイムで通過できました。
緩やかな下り基調に入ってからはややペースが上がり、5:20/kmで快走。
心拍は想定ゾーン内で安定していたのでそのままゴー。

そして13km地点では自転車仲間のsenさんが私設エイドを出して応援してくれていました。
senさんと言えば、ヒルクライム大台ヶ原のビデオでもナイス笑顔で登場していますが、
エイドでも笑顔で特大の声援をもらい、これが大きな力となりました.゚+.(・∀・)゚+.
やっぱり自分の名前の声援があると、めっちゃ嬉しいですね(〃▽〃)

ここからは、声援の力で天理へ向かっての登りに入っていきますが、
ふと前を見るとサブ4のペースランナーが100mほど先に見えました。
おおお、グロスで走っているペースランナーが目の前に!
これは何としても付いて行きたい!
と思い、追走を開始しましたが差は全く詰まらず。
登りに入った途端に視界から消えてしまいました。:(´◦ω◦`):

すげーよ。ペースランナー。完璧な仕事っぷりだよ。

この時、次なるペーサーを発見!
100km Finisherとプリントされたランシャツを着た女性ランナーが
ほぼ同じようなペースで走っていたので目標にしました。
が、エイドでバナナを食べてる間に見失いました。:(´◦ω◦`):

すげーよ。100km Finisher。安定の走力だよ。

この辺りから本格的な登りに入ったので、あとは心拍ベースで刻んで淡々と登りました。
ゾーンキープしていると、登りでどんどん抜かれて行きましたが、
後でほとんど抜き返せたので、心拍ベースで走るメリットを大きく実感できました。

刻みに刻んで20km地点を1時間53分で通過。
ここも予想通りのタイムで通過できて一安心しましたが、
ハーフの通過タイムはグロスで2時間1分と、グロスでサブ4を狙うには厳しいタイムとなりました。

天理in天理out
天理へ入るまでのジェットコースターでは、
若草山で下りの練習をした成果もあり、前ももへのダメージを最小限に抑えることに成功。
具体的には、歩幅を抑え、フラット接地を意識し、素早く引く。これだけですが
「ドスドス」とした走りにならず、練習しておいてよかったと思いました。

天理市内ではまたしても登り。
ゆる〜く見えますが、ここまで走ってきた足には地味にキツク感じます。
25km地点で予定通りにPIT INを摂取し、ひたすら走り続け、
天理大学では例年通りぜんざいの振る舞いをやっていましたが、
今回は目標タイムに対して、全く余裕がなかったのでスルー。

この辺りで、HAKOGAKUジャージで走っている人と抜きつ抜かれつしている内に帰路の劇坂へ突入。
ここでも心拍ゾーンをキープする為に、ほとんど歩くようなスピードにまで落として気分はハイキング。
なぜかヒルクライム大台ヶ原の激坂区間を思い出し、あれよりはマシやろ。。。とひたすら我慢の登山でした。

沿道から「ハコガク頑張れー!」の声援が飛びますが、ふと目をやるとかなり高齢の渋いおじさん。
「おっちゃん、、、絶対知らんやろ」と思いましたが、
コスプレや、名前入りゼッケンをつけていると、こうして沿道から直接声援が飛ぶのが楽しいです。
そして、ハコガク男子とはその後も競り合いながら天理を後にしました。

30km地点〜ゴールまで
素麺エイドではエアサロだけ振ってもらい、素麺はスルー。
毎年おいしい素麺を大量に振舞っているので、今回も食べたかったのですが、やむなし。
そして我慢の登りからの30km通過タイムは2時間51分。予想タイムから1分落ちとなり、
この辺りから残りタイムが気になり出しました。

山を抜けたところから少しピッチを上げ、
ここまで練習を重ねてきた事を思い出しながら、心拍ゾーンのリミッター解除!
周りの人たちもサブ4狙いなのか、一気に高速レースの展開に。
疲労が溜まった足はずっしり重く感じましたが、大丈夫!痛くないから走れる!と
自分自身に言い聞かせながら、大きなフォームを意識して走りました。

ふと気がつくとミニーちゃんのコスプレランナーが同じように爆走していたのでペースの目標にしました。
ペースは自分よりも少し速いくらいで、少しでも気を緩めるとグイグイ離されていくので
終盤まで引っ張られるようにして走れました。

ありがとう。ミニーちゃん。ナイスラン!

そのままペースを上げながら35km通過時に最後のPIT INを摂取。
これだけカフェイン入りで栄養ドリンク味。
今にして思えば、ゴールまで集中力を切らさずに、諦めずに走り切れたのはこれのおかげかもしれません。

そして36km地点で、まさかのsenさん再び!
沿道からの大きな声援で、背中をグイっと押されたような気分でした。
仲間がいると本当に心強い。ありがとうsenさん!
そこからのアップダウンの連続もハムストリングを使う事を意識して
ペースを落とさず走り抜ける事が出来ました。

奈良市街地へ戻り、県庁前のコーナーを抜ける辺りではこの日のベストラップ4:57/kmを記録し
ネガティブスプリット炸裂。心拍はレッドゾーンに突入していましたが、不思議と苦しさはありませんでした。

そのままラスト坂も一気に駆け上がり、競技場に入った辺りで時計を確認すると3時間59分10秒。
残りの距離からも4時間を越えるのは確実でしたが、ここで足を緩めると負癖がつくような気がしたので
最後までベストを尽くして走り続けてゴール!

後から確認するとここで最高心拍192を記録していました。
今まで心拍数計算機で年齢から算出した178を最高心拍に設定していましたが、
めっちゃ増えた事でもう少し強度を上げて練習に取り組めそうです。

ちなみに、最高心拍192を元に年齢を逆算するとなんと22歳。
めちゃめちゃ若返りました(笑)

ゴール後はコースに向かって振り返ってお辞儀をし、今シーズンを締めくくりました。
結果は目標のサブ4には届きませんでしたが、2年前の記録からは21分強の更新となり、
確実に成長している事を実感できたのが救いでした。

ここで一気に集中力が切れ、歩くのもままならないほどの状態に。
フィニッシャーメダルと特大バスタオル、VAAMウォーター、バナナを受け取ったところで
ふくらはぎが痙攣を始めたので端の方に寄って座り込むと、しばらく立ち上がることができませんでした。
もう何をするにも「グウウゥ、ングぁ」と変な声が漏れるような状態で、よく最後まで走れたなと思います。

ゴール後
どれくらい座り込んでいたのか、、体も冷え始めたので立ち上がろうとしましたが、
両足とも少しでも力を入れるとふくらはぎが攣りそうな状態になっていました。_(:□ 」∠)_

痛みに耐えながら両手で地面を押して体を起こし、
ソロソロと側溝の中へ足を落として椅子に座るような体勢を作り、
そこからやっと立ち上がることができました。

そのまま一歩ずつゆっくり歩き、まずは記録証の発行へ。
発行はスムーズに行われ、記録はストップウオッチとのズレもなく、
何度見ても4時間29秒。これが今の実力の証明。

次に階段にしがみつくようにして着替えを済ませ、
後は何か体を回復させるものを。。。と
エキスポのフードブースまでヨロヨロのまま行ってみるものの、
食べ物の匂いが気持ち悪い。。。
体が固形物を拒否っていました。

と、ここでSAVASのブースでプロテイン試飲の神采配キター!
さっぱりした飲み口で、食べ物を拒否っている体にもすっと入っていきました。
ありがとう!SAVAS!神ってる!

その後も企業ブースで水を頂きーの、何週間ぶりかのコーヒーを頂きーのして
足も何とか階段を登れるほどまでに回復していきました。

思い返してみると、レース中の給水が少なすぎて体内の水分バランスが崩れ、
ミネラル不足に陥っていたように思います。

そのまましばらく休憩しながらステージイベントを見ていると
公園友達の吉田さんキター!
ランナーズアップデートを見ながら応援して頂いていたようで
激励&お疲れの言葉をたくさんかけてもらいました。

コースが閉鎖された頃には気分もスッキリと回復してきたので
後はゆっくり歩いて帰りました。
家まで続く登り坂を。゚(゚´Д`゚)゚。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/11

奈良マラソン2016リザルト。

無事走り終わり、これで今年のレースは全て終了となりホッとしています。
記録の方はネットタイムで4時間29秒
目標の4時間切りにはあと一歩及ばずとなりましたが、
自分の今出せる力を全て出し切った上、自己ベストを更新できたので、
これが今の実力ということで来年へと繋げていきたいと思います。

沿道から応援してくださった皆様、ボランティアスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/11

奈良マラソン。いざ出陣。

おはようございます。
いよいよやってきました奈良マラソン当日。
朝6時の時点で気温3度。予報では13時でも8度。
いつだったか、雪の中を走った時の事を思い出すような寒さです。

思っていたよりも気温が下がったので、服装は直前まで悩みましたが、
上はエアリズム+長袖ランシャツ+夏物サイクルジャージ+ウインドブレーカー
下はロングパンツにしました。

朝は4時に起きて、朝食に菓子パンとホットココアで1600kcalほど摂取。
試走の時と同じだけ撮れました。ホットココアうまい。。。

さて、今日のレースプランですが、
目標タイムは予定通りの4時間切り。
ただし、心拍計を着けて走り、E2ペース以上に上げないこと。
これで4時間を切れなければ、実力不足という事です。
正直、不安な気持ちもありますが、その気持ちに負けないように
しっかりとトレーニングしてきた事を思い出しながら走ろうと思います。

そして機材チェック。
今回の生命線となる心拍計。バッテリーOK、動作チェックOK、
って、普段50程度の安静時心拍が70超えてますがなw
めっちゃ緊張してるぅぅぅ。

補給は試走の時に使ったSAVASのPIT IN
ピーチ味2つに、カフェイン入り1つ。
これをサイクルジャージのバックポケットに入れておいて、
15-25-35で摂る予定です。

準備万端。
では、いってきます。
ヽ(`・ω・)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
2016/12/09

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2017

来年のレース1本目はヒルクライムから!という事で
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2017にエントリーしました。
まだ一度も登ったことのない山なうえに、そこそこ強度の高そうなコースなので不安もありますが、
今回は「NOARS(奈良奥山朝練ズ)」というチームで参加するので今から楽しみです。

チームでと言っても、チーム戦があるわけではないのですが、
仲間と一緒に走る事で1分は速くなる(ザク豆腐さん談)との事なので
チーム一丸となって頑張って走ろうと思います。

さて、、、そうなるとトレーニングプランを立てる必要がありますが、
レース日が4月9日ともう少し先なので、奈良マラソンのリカバリーが終わった辺りから徐々に上げていって、
1月をスピード養成期、2月を走り込み期、3月前半をレースシミュレーション、後半を調整と、
ちょっと駆け足気味ですが、目標があると気持ちも乗ってくるので
こんな感じでいってみようと思います。

そして目標は、、、リザルトをざっと見た感じで、走力が近い選手が多い
1時間切り!を狙って走ろうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村