2017/03/19

逆瀬川を登ってみて(雑感)

六甲山(逆瀬川〜一軒茶屋)を走ってみて思ったことをつらつらと。

●良かったところ
・斜度のバリエーションが豊富で攻略のやりがいがある。
・路面が綺麗。
・実走時間が1時間程度に収まるのでどこでトラブっても安心。
・挨拶をした全ての方が挨拶を返してくれた事。(=゚ω゚)ノ

●イマイチだったところ
・スタート位置。人の往来が多い場所は、飛び出し、転倒などのリスクがあり危険。
・コース序盤。狭い道幅なのに交通量が多く、車から感じるストレスが強烈。
・主要な生活道をTTコースにするのは危険。

有名なコースなだけに、走っているロードも多く、
人気の高さを伺わせるものがありましたが、
とにかく序盤が危険でTTする雰囲気ではありませんでした。

やはり安全第一。
記事の中ではペースを抑えてと書きましたが、
序盤でTTする意味はないでしょう。
スピードを抑え、車にサクッとできるだけ短時間で抜いてもらう方が良いです。

また、グループで走っている方もいらっしゃいましたが、
車が追い越すのが難しくなり、交通渋滞を引き起こしていました。
序盤は十分な車間を開け、単独で走った方が良いと思います。

と、序盤は不満だらけですが、
山に入ってからは本当に楽しかった.゚+.(・∀・)゚+.

変化し続けるレイアウトに、
疲労、ペース、ペダリングのコントロール、
それらを組み合わせ、イメージした走りで登りきった達成感。
ヒルクライムの醍醐味を存分に堪能しました。

また、普段とは違う場所を走った事で、
奈良県の素晴らしさを再発見できました。

・何十キロも信号レスの山がザラ。
・低山が多いものの、複数の山を繋いで走ることが容易。
・山間部は過疎っていて日中でも車が少ない。
・トレーニングの目的に合わせて距離や獲得標高の調整が容易。
・トイレや補給可能な場所が割とあって便利。

奈良ラブ!
六甲山は存分に堪能したので、しばらく引きこもります。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト