2017/05/15

行ってきました大台ケ原マラソン。

「普段歩いたり、走ったりすることのない「大台ヶ原ドライブウェイ」。時に立ち止まり、遠くに眺めることができる世界遺産「大峯奥駈道」や、眼下に広がる新緑の山並みの景色を堪能しながら、この土地ならではの登坂コースを活用した標高差約941mのハーフマラソンを楽しみましょう!」
(公式HPより引用)

という、マラソンをされない方からしたら、結構楽しそうやな.゚+.(・∀・)゚+.
と言う印象すら与えかねないキャッチコピーが踊るマラソン大会へ出場してきました。

●前日〜会場入り
補給食やら、〆テイン、各種サプリの調合とパッキングを済ませ、早々に就寝…
と思いきや、突如として自宅が酒盛り会場となり、俺、寝れねぇ…
盛り上がる部屋の隣で布団に入り、とにかく体を休めることに集中…
いついかなる時でも寝るトレーニングや…ってそんな訳あるかーーー。
そして無情にも眠れないままアラームが鳴るのであった。

眠い、だるい、これはあかんやろと思いつつも、走る気だけは満々だったので
気だるい体を起こすために朝テインを一気飲み。
続いて、コーヒーに粉飴とココナッツオイルをといたものを飲みつつ
詰め込めるだけのあんデニッシュ、ビタミン剤とクエン酸3gもイン!

っしゃ!
まずは自転車で大台ケ原のちょい手前まで(80kmほど)移動します。
途中のコンビニで生どら焼きやら、バナナジェルやらを次々と補給しつつ
ゆるポタペースで走り、4時間ちょいで到着。

会場入りすると、すでに50名以上の方が集まっており、
その中で早速ウワサの看板が目に飛び込んで来ました。

IMG_5257のコピー

ゆ、ゆるい、、、想像以上のゆるさ…(*´ω`)┛
ちなみにこの看板は、スタートラインを決めるために使われます。
速い人はうさぎ、遅い人は亀、普通の人はしゃくなげの看板からスタート。
このゆるさのおかげなのか、誰も割り込んだりしませんし、ぎゅうぎゅう詰めにもなりません。

●スタート〜ゴール
そして定刻となり、村長のお祭り男っぷりが炸裂したトークで会場が湧いた後、いよいよスタートです。
先導はチームサカタニのロードバイクが2台。
トップの選手は1時間40〜45分ほどで完走するので
自転車といえどもマジで走らなければ抜かれてしまうので責任重大です。

と、そんな心配をよそに、先導とトップ集団はスタート直後から見えなくなりました。
は、速すぎんだろ…

しゃくなげからスタートした集団は序盤はやや団子状態だったものの
1kmほどで良い感じにばらけ、草木の芽吹きの香りと、
時折吹き抜ける山の風を浴びながら快適に登っていきました。

自走で来たおかげで、いつもなら最初の20分ほどは全く上がらない心拍も
序盤からサクッと90%オーバー。
まだ早い、落とせ、、落とせ、、、と思うものの、
キツイ斜度もあって落とすのムーリーーー。

心拍ばかりを気にしても仕方ないので
3km過ぎあたりからはハムストリングスと臀筋、腸腰筋の連携を意識してコツコツ登山。
引き上げとプッシュ、時折手を添えて筋肉の動きも確かめました。

補給の方は、最初の小エイドはパスして、続く大エイドで水を一口。
ジェルタイプのカロリーメイトや、はちみつ梅なども置いてありましたが
自分で用意した補給食を試してみたかったので、エイドの補給食は摂りませんでした。
最終的にはカロリー不足気味だったので、カロリーメイトは全エイドでもらっておくべきでした。

そして10km過ぎ。辻堂分岐で名物応援団の登場です!
ゼッケンから名前を調べて、都度、各選手の名前を読み上げての応援が飛び交います。
すげぇw

こうした応援や、立哨、エイド運営など全て村民の方々が参加されていて
手作り感と人情味が溢れ、ここまでの疲れも吹き飛びます、、、ってそんな訳ないない(笑)
もう、キッツイ、キッツイ。ただひたすら走って登る。足が休まる区間はほとんどありません。

後半はネガティブスプリットでと、脳内で指令を出しても、
心拍は80%程度で余裕があるにもかかわらず、
足の方は筋肉疲労なのか、エネルギー不足なのか、
思うように回りませんでした。

前半で抜いた女子選手2名にも抜かれ、
ペースを上げていくその姿に、なんとかくらいついていこうとしましたが時すでに遅し。
ペース配分と補給計画のミスに気が付いた時にはただ見送るしかありませんでした。

あとは100mごとに減っていく距離表示を見ながらグッと我慢の走りを続け、
ラスト500mは気合いで走り切ってゴーールッ!

ここでも選手一人一人がゴールテープを切れるように、
村民の方が走り回って頑張っておられました。
すっげぇw

ゴール後は栃餅ぜんざい(あずきの粒がぷっくり大粒で本当にめっっっっちゃ美味しい)、
串こんにゃく、アミノバイタル1本を頂き、即完食。
もちろん持参しておいた〆テインも忘れずに一気飲みです。

肝心のゴールタイムは2時間10分17秒と、目標タイムの2時間25分を大きくクリアできたので
素直によっしゃ!やったったぜ!と一人喜びに包まれました。

●下山〜
下山はバスが定員になり次第発車というアナウンスが流れていたので
さっさと移動して乗り込むと、ほどなくして動き始めました。
車窓から登ってきた山の景色を眺めながらほっと一息ついていると
走って下山してる人がおるwww
一人大台ケ原フルマラソンしてはるwww

うっそやろ、、、下山で足に入るダメージを考えると絶句するしかありませんでした。
そして、その方、下山バスが麓に着いたとほぼ同時刻にスタート地点に戻ってこられました。
なんつータフさ、久しぶりに超人を見た気がしました。

●帰路
いや〜、ええもん見れたわ〜。
よっしゃ、帰りも気合い入れて走ったろ!
と思いましたが、無理無理。
疲労した足からは全くパワーを感じる事ができなかったので
多めに休憩を入れつつ、ゆるゆると帰りました。

この日の合計走行距離はバイク160km、ラン21km
バイクの獲得標高は2,200くらい、ランは1,000ちょいで
走って登って、ちょっと遅めのGWを満喫したような気分でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/05/13

大台ケ原へ向けて。

冬の間もコツコツ走りまわってヒャッホイ!していた結果、
去年の同時期くらいにはゼーハーしていたペースでも
なんとか走り続けられる足と心肺が手に入りました〜(。>ω<。)ノ

元がただのおっさんなので、ガチ勢の方々と比べるとまだまだですけど、
明らかな成長を実感できると嬉しい…

ってのは、ランの話で、
自転車の方はぶっちゃけ低空飛行が続いております。

今年走ったメジャー所の逆瀬川、伊吹山、高野山では
まずまず走れたような気がするものの、
ホームコースの奥山TTでは更新どころか1分以上落ちたまま(´・ω・` )

むーん。ちょっとランの練習に時間を割きすぎたか?
経験則で行けば、やはり自転車を伸ばすなら月間1200km以上の走り込みか、
1.6万upくらいはこなしていかないと伸びない気がします。

失敗も経験。修正すればプラスになるのだ!
とか言ってる場合ちゃうーーー。
このままではヒルクライム大台ケ原で80分切りも達成できず、
ザクさんにビール券を捧げてしまうではないか!

そんな焦りから、新兵器投入!

するようなお金もないので、
サプリdeどん!

まずは春先から飲み始めたプロテイン。
朝テイン、〆テイン、夜テイン、おやすみテイン
食事と合わせてタンパク質を毎日100g以上摂れるように飲んでいます。

効果のほどはぶっちゃけ???ですが、
トレーニング後のプロテインが美味しくて癖になります。
白い粉がッ。。。やめられないッ!

あ、Qちゃん式腹筋は簡単なのに地味に効いてきました。(=゚ω゚)ノ
オリンピックマラソンランナー頼もしい!サンキューQちゃん!

続いてどん!

クエン酸+ビタミンB群+ブドウ糖〜。
こちらは自分に合った量などが手探り状態なので効果は完全に未知数ですが、
クエン酸回路からエネルギーを取り出す手助けになるようなので取り入れました。
ついでに疲労回復にも役立つようなので、
毎回のトレーニング効果を高めるためにも続けてみようかなと思います。

あとは血中酸素運搬能力を高めるサプリもあるようですが、、、
あかん、、、サプリ破産するw
これは本番用やな。

おまけ。
粉飴。補給食としてお試し。
ロング走る時にBCAAドリンにちょっと足してみようと思います。
あと、プロテインと同時摂取でバルクアップの効果アップが期待できる。らしい。

基本は食事からですが、
ビール券を守るためならなんだってやるしかないッ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
2017/05/13

スポーク破断は続く。そしてCOSINEホイールはどこ行ったん?の巻。

GWの帰省ライドがスポーク破断により中断してから1週間。
ロングライドが全くできずにモヤモヤしていたので
ついカッとなって青山高原へ行ってきました。

いつも思うけれど、三重県って風強すぎ。
常に暴風が吹き荒れてるイメージです。
自転車乗りの人はどこを走っているんだろ。。。

その荒れ狂う風を生かして、
青山高原ではこの日も風力発電の風車が
ゴンゴン音を立てて回っていました。

カウントしてみると1回転が約3秒。
直径が50mほどありそうなので、
ざっくり計算で先端部分は時速188.4km/hでぶん回っています。はぇぇ。。。

近づいて見上げてみると圧倒的な質量とその速さに恐怖感すら覚えました。
こんな規模の風車が50機くらい並んでいるのでもう圧巻です。

そんな中、自転車ごと吹き飛ばされそうになりながらもHCを満喫し
帰路の伊賀上野に入ったところで

ばっつーーん!

あーーー、この音知ってるわ。

先週も聞いたわ。

自転車を安全なところで止めて確認すると
見事にスポークが破断していました。

あー、やっぱりなー。

近くの自転車屋さんを検索しようと
iPhoneを取り出すと、

「圏外」

おーいっ。伊賀上野市内やぞ(´・ω・` )

あれこれ試すも復帰しそうにないので
諦めてそのまま自走で奈良まで帰ることにしました。

2本目が逝ったということは、
スポーク全体が金属疲労していると見るのが適当。
家に帰るまでの60kmで3本目が逝かないように、
リアブレーキを使わず、段差で衝撃を受けないように、
ゆるゆる〜。ゆるゆる〜。
と、なんの面白味もない走りで淡々と帰路につきました。

はぁぁ。。。疲れたぁぁぁ。。。

もう修理するよりも、買い換えた方がいいかもな〜。と
Wiggleさんをのぞいて見ると。。。

COSINEホイール売ってないw

おおお!?Wiggleさんのプライベートブランドで発売してから1年半ほどやぞ?
いやいや、、さすがに検索方法が悪かったもしれんな、、、
ブランド名で検索や。「COSINE」っと。

やっぱりホイールは全滅やw
一体何があったんや。。。

高評価レビューがそこそこ付いていたはずですが、
本当に綺麗さっぱりなくなっていて驚きました。

仕方ないのでnewホイールも検討しましたが、
ロード用のディスクブレーキ対応ホイールで
10万円以下でとなると重量級ばかりだったので今回はパス。
COSINEの3万円を切る価格の軽量ホイールはもう幻なのか。。。(´・ω・` )

結局、ホイールはキタサイクルさんへ持ち込んで
バテットスポークで全数張り替えしてもらいました。
前週に交換した1本はそのまま使ってもらったので
今回のお会計はパーツ代と工賃で9,504円也。

交換したバテットスポークは、元のものより少し太かったのですが、
気になる重さはほぼ変わらずでよかったよかった♪(/・ω・)/ ♪
2017/05/03

帰省ライドはDNF(´・ω・` )

毎年GWは実家の方へ帰省ライドと称して
往復500km走るのが定番行事になっていますが、
今年は最初の50kmにも満たない時点でDNFしました(´・ω・` )

深夜に奈良を出発し、大阪市内に入ったところの信号待ちから走り出した瞬間、
バキンッ!とやたらでかい音がしたので、明るいところまで移動して調べてみると
スポークが1本、ポッキリとお亡くなりになっとるがな〜:(´◦ω◦`):

幸いにもディスクブレーキ車だったので、ブレーキ性能には問題ありませんでしたが、
ホイールはぱっと見でわかるほど見事に振れとりますな。。。
こんな状態であと200km以上走って無事に済むわけないやろな〜と、
その時点でDNFを決定しました。

買ってから1年ちょっとのホイールなんやけどなぁ。。
まぁ、しゃーないよなー、、はぁ。
下ってる最中じゃなくてよかったと思う事にしよう。
とにかく帰省ライドのDNFという予想外の事態にがっかり感が半端なかったです。

それはそうと、この振れまくったホイールをどうしたものか。
完成車に付いていた超鉄下駄ホイールしか予備は無いし、、、修理しか無いよな。
と、近所のショップ「白星」へ持ち込んでみるも、
完組ホイールしか取り扱って無いんですとのお言葉。
と同時に「キタサイクル」を勧められたので、そちらへ持ち込んでみると
サクッと預かり修理が決まり、当日の夕方には振れ取りまで完了して帰ってキターーー.゚+.(・∀・)゚+.

そんなしょっちゅうスポークが折れるとは思いませんが、
最近のホイールに使われているスポークは本数も少なく、
折れる頻度が昔と比べて上がっているとかどうとか。(白星談)

ちなみに修理にかかったお値段は
パーツ代が200円(+税)、工賃が1800円(+税)でした。
思っていたより安価で済んでよかったーーー。LOVE!キタサイクル。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2017/05/01

半年でVDOT値が3.9上昇した話。

GW初日、迫る大台ケ原マラソンへ向けて
走力確認の意味も込めてハーフマラソンTTをやってみました。

コースは近所の公園外周路、全面アスファルトでガッチガチの路面です。
シューズはASICSのGEL DS-TRAINER。クッション性はあまりありませんが、その分軽量で、
アスファルト路面をガシッと捉える独特のソールパターンでスピードを上げても走りやすく、
お気に入りです。

そして時間は午前4時。
アップ1kmを流し、公園外周路に入ってからはひたすらぐるぐるグルグル。。。
ハムと腸腰筋の連携を意識しつつ、着地にも気を使って、、、

ってそんなにいっぺんにできるかーーーー!:(´◦ω◦`):

超シングルタスクの自分がしっかり意識を向けて処理できるのは1つだけ。
右足、着地、左足、着地、、右足、、右足、、右足、、、って右足だけになってるやんけーーー!
ってなもんです。:(´◦ω◦`):

音楽を聴きながら走れる人とか凄いわ。。。聖徳太子かよ。
などと、雑念もガンガン入ってきます。
1秒でも無になれる人も凄いな。。。

それでもできるだ集中して走り、ゴールタイムは1:43:58。
ペースは5:33/kmから入り、4:25/kmでフィニッシュするネガティブスプリット。
(エンジンがかかるのが遅いとも言う)

マラソンをされない方からしたら、ちっともピンとこないタイムだと思いますが
VDOT換算では半年前の39.2から43.1へとジャンプアップしました!やったった!

※VDOTとは!最大酸素摂取量やら諸々の要素からランナーのレベルを表す指数。
この数値から理想的なトレーニングメニューの構築が可能となります。

トレーニングも中距離を想定したメニューに取り組んでいたので
半年の成果としては上々です.゚+.(・∀・)゚+.

大台ケ原マラソンは目標タイムを2時間30分から2時間25分へ上方修正して走ってきます(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村