2016/11/24

心拍ゾーントレーニングをやってみた。

先日、2週間の船旅の末に、無事、Mio Alpha 2がやってきました。
ランとライド両方で早速試してみましたが、感度良好で5秒程度で心拍を掴み、
わざと浮かせてみたとき以外はずっと安定して動作していました。

装着感は普段腕時計をつけないので最初は違和感がありましたが、
走り出したらほとんど気にならないレベル。
フィット感もバンド部分がサラサラとした柔らかいゴム製なので、腕に馴染んで良い感じです。

で、使ってみた感想ですが、
何これ、クッソ便利で面白ぇ!
運動強度を客観的指標で管理出来るのがこんなにも便利だとは。。。

まだ数時間しか使っていませんが、強度の上げ過ぎ下げ過ぎが瞬時にわかるので
常に狙い通りのゾーンでトレーニングできます。

足の調子がいいと「お、今日はなんかいけそうやん!」と思い、
序盤に突っ込みすぎて後半にヘタレて、ああ、今日も突っ込みすぎた。失敗や。。。_(:□ 」∠)_
ってなりがちですが、心拍計があると狙った強度ゾーンを守るだけで安定して走れます。

よくあるのが、周りに速い人がいると、ついついつられて自滅というパターン。
そういう時も自制心の助けになります。

他にも
回復走のつもりがオーバーペースで、逆に疲労を蓄積していたり、
LTトレーニングのつもりが、有酸素トレーニングになっていたりといった
気づきにくい低〜中強度のゾーンを狙っていく場合もめちゃくちゃ便利です。

そして呼吸ベースで強度管理する場合との一番の違い、
それは自制心のコントロールのしやすさでしょうか。
体はホットに、心はクールに。

心拍計は最高のトレーニングパートナーになりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント