2016/12/03

腕時計型心拍計「MIO Alpha 2」レビュー

腕時計型心拍計「MIO Alpha 2」を使い始めて2週間が経過したので
その使い心地をレビューしてみようと思います。



●最初の印象
でっかいな!
着けている内に慣れましたが、最初に箱から出した時はめちゃくちゃ大きく感じました。
実際に使ってみると、ディスプレイが十分に広いため、走行中でも必要な情報がパッと読み取れていい感じです。

●心拍計の精度
緩みがないようにきっちり装着すれば問題なし。.゚+.(・∀・)゚+.
安静時、ランニング中、ライド中、常に安定して動作しています。

●1ゾーンモード
他の心拍計を使ったことがないので比較はできないのですが、これが強度管理にめちゃくちゃ便利です。
ターゲットゾーンの上限、下限を入力して、1ゾーンモードにしてから計測すると、
ターゲットゾーンから外れた時にアラームとLEDライトで通知してくれます。

普段のトレーニングで走る公園の周回コースは1周750mで高低差が10mほどあり、
心拍計無しの場合、強度にムラがある走り方になっていましたが、
心拍計有りだと、多少のアップダウンがあっても常に一定強度で走れ、
狙い通りのゾーントレーニングが可能になりました。

LSDや、30km走などでも長時間安定した出力で走れ、かなり楽に感じました。

また、インターバルや、ストライドをする際も、1段上の心拍ゾーンに入ると通知されるので
しっかり強度が上がっているのがわかり便利です。

●夜間
バックライトが点き、視認性良好。
マニュアルには画面をダブルタップで点灯と書かれていますが、
手についた水を払うような動作でも点灯しました。

ちょっと見たいなと思った時に、ぷるぷるっと振るだけなので
高級機種にあるようなリストターンとさほど変わらない操作感です。

●スマホとの連携
iPhone5s、iOS9.3.2の環境では、各アプリと一度ペアリングしてしまえば
後はBluetoothのON/OFFで一括管理できました。
STRAVA、Runkeeper共に動作良好です。
Runkeeperではタイムなどと一緒に心拍数や心拍ゾーンを読み上げてくれるのでかなり便利です。
STRAVAでは計測区間に入ると画面表示が切り替わってしまい、
心拍が見れなくなるという残念な仕様。そのうち解決されるかな?

●ラップ
通常のストップウォッチと同様のラップ機能です。
Runkeeperの読み上げにラップがないので重宝しています。

●バッテリーライフ
公称値は心拍測定モードで20時間となっていますが、だいたいそれ位持ちました。
心拍測定オフなら余裕で1週間以上持ちます。
バッテリーが少なくなってくるとアラームとテキストで通知してくれるので
充電忘れで計測できなかった。。。なんて残念な事もありません。

●3軸加速度センサー
これにより単体でも距離やペースの計測が可能となっていますが、
GPS計測よりも距離が多目に出るのであまり使い道はないかも。

●お手入れ
防水で丸洗いが可能なため、走り終わったらサッと水洗いして
柔らかいタオルでぽんぽんと叩き拭きして乾かすだけ。簡単。

●総評
取り扱いにシビアになる必要もなく、お手軽に心拍計測ができるのでトレーニング時の標準装備になりました。
スマホを携帯したまま走る方なら、必要十分な機能にまとまっており最高の相棒となると思います。
逆に、これ1つではランニングウオッチやサイコン代わりにはならないのでスマホを持たない場合は
GARMINやEPSONの専用品を購入した方がいいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント