2017/03/04

ヒルクライムは、機材差よりも体力差。

ロードバイクに乗り始めて2年が経ち、この間、グランフォンド、ブルベ、クリテリウム、エンデューロ、ヒルクライムに出場しました。
さらには日々のトレーニングや自転車友達との走行、etc、、、そんな自転車経験を通し、最近思う事があります。

もうタイトル通りなんですが、ヒルクライムは機材差よりも体力差がでかい。
(ここで言う体力は筋力や持久力などの総合的なフィジカルという意味です。)

競技の性質としてはマラソンに非常に近く、速い人が最初から最後まで速い。
機材の性能、、、加速への反応の良さや、巡航性能の高さ、空気抵抗の少なさなど、坂の前ではほんの些細な要員にしかならないのです。

つまり、パフォーマンス向上のためには機材よりもまずは肉体に投資すべきであり、誰にも平等な時間を地道なトレーニングに割り当て、回復のための栄養と睡眠をたっぷりととり、己の体と技術を磨きあげるのです。

現状の体力は運動を趣味としている同年代のおっさんの中で、真ん中よりちょっとだけ上。
信じられないほど凄い人たちがまだ山のように立ちはだかっています。

もっと走れるやろ。。。だから本気でやる。

シンプルな理由ですが、十分な理由です。
将来の目標に向け、走り続けていこうと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント