2017/03/11

目指せマッスルクライマー。

ヒルクライムにハマると厄介だ。
老若男女、全ての人がそれぞれのレベルで楽しみ、苦しみ、努力の末に笑い合い、讃えあい、時に挫折し、それでもなお、終わりのない頂を目指し続ける事になる。

そんな自転車で山を登るというだけのシンプルなスポーツのトレーニングですが、
最近は長所を伸ばすよりも短所を克服する事で、より速く、遠くへ走れるのではないかと思い、
トレーニングメニューを見直してみました。

ターゲットレースはヒルクライム大台ケ原で、競技時間は80〜90分。
ランで言えば10km走の強度に似ていると思います。
10km走を走るためには、100m走や、フルマラソンのトレーニングではダメで、
きちんと10km走のトーレニングをしないと意味がないように、
大台ケ原のためのトレーニングを考えた結果、今までの心肺重視からパワー重視へと少しシフトしました。

今、主に取り組んでいるメニューは
全ての登りでHRR85〜90%をターゲットゾーンとし、峠間の移動を休憩としたノンストップインターバル。
これに加えてハムストリングス強化を狙ったスクワットと、体幹トレーニング。
更に、骨密度とランの走力維持を目的としたロードランとトレラン。
もちろん各トレーニングの前後にはプロテインを飲み、アップとダウンも欠かしません。

このメニューで正しいのか?結果が出るのか?という思いはありますが、今はただ実行あるのみ。
やってダメなら修正すれば良いのです。

そして当面の体作りの目標は
体重62kg、通常時の体脂肪率が14%前後の今の体を
体重61kg、体脂肪率9%まで持っていき、
ざっくり計算で筋肉量を1kg増やしながら1kg減量。
これを1年プランで取り組みます。

走力面では90分きっちり走りきれるペース感覚を養うことと、走りの技術向上。
やれることはまだまだ盛りだくさんです。

啓蟄を越え、山は暖かくなり生気がみなぎってきました。
体の方にもエンジンかけて、上げていきましょ〜(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント