2017/04/01

伊吹山ヒルクライムはアゲアゲで行こう



伊吹山の下山についてですが、今年(2017)の要項を読み直してみると
オートバイの先導付きで1列縦隊200名ずつでゆっくり下山とありました。
また、前走車の追い越しも禁止されていました。

念のため、過去(2015、2016)の要項も読み返してみましたが、
やはり同一の記載がありました。

下に書いた記事の中で一部不確かな記載があった事をお詫びいたします。

ただ、毎年のように下山での事故は絶えず、
レースさながらのスピードでオーバーテイクしていく走者もいるので実効性は不明です。
下山時は余裕を持って走りましょう(=゚ω゚)ノ


ええ、今日は体重の話です。

去年の大台以降、冬になっても体脂肪率を下げたままでいたら
2回も風邪をひいてしまったので、暖かくなるまでは防御力アゲアゲで!
と言う事で、只今たっぷりと脂肪を蓄えております。

大台の時9%>絞った甲斐があったあったぜーーー!(^^)
もっと軽くしたいな>7%
奈良マラソン前に風邪で3週間分のトレーニングロスト>4時間切れず(´・ω・` )
ふう、正月休みも終わったし、絞るか>また風邪をひいて3週間分のトレーニングロスト

こうして1ヶ月以上のトレーニングを棒に振った経験から、
年間スケジュールの中で優先度の低い大会は減量しない事にしました。
今はプロテインも飲んで増量に励んでいるので、ちょうどいいかなと言う思いもあります。
減量しないからといって、走りに手を抜くと言う事はないですよ!

そんな今の体脂肪率は15%。5月いっぱいまではこのラインを維持して、
9月の大台までに7%まで絞って2017マッスルクライマー完成!

の予定。

。。。

夏はビールうまいよねー。

。。。

おっと、直近の伊吹山ヒルクライムですがショートコースでの開催が決定しましたね。
ハイペースでの展開が予想されますが、FTPでタコ殴りしあうような登り方は苦手。。。
それでも条件は皆同じですから、現状の力がどれくらいのものか確認する意味でも
しっかり走りたいと思います。

そして予想タイムは。。。
???

公式の情報が適当すぎてペースプランが立てられない。。。(´・ω・` )
とりあえずスタート〜中盤まではHRR 80%くらい。
8km過ぎからVO2MAXまで上げて、ラスト50mでE4追い込み。
こんな感じで走って、ざっくり40分〜42分くらいの予想です。

あと、登ったからには下らければなりません。
悪名轟く伊吹山の下りを。
毎年落車事故の相次ぐ伊吹山。
申込書には勝手に救急車を呼ぶなとか書いてあるし。
いや、事務局を通して混乱を避けたいのはわかるけど、
救急車を呼ぶ前提なのがすげえなw
安全に下山させる気は無いと見た!

もうね、、車検証とか、事前アンケートとかの文面に
責任とりたくねーなーって気持ちが溢れていてめっちゃ清々しいw

走る前からこんなこと書くのもなんですが、
伊吹山はコースの割に人集めすぎ。
参加者リストを見た限りでは3,002人。
20mの車間距離を取っても1列になると60km超。
斜度7%もあれば、楽々時速50km/hオーバー。
先導車なし。

ブレーキングテクニックに差がある集団がこんな条件で下って無事な訳が無いですよね。
普通は、いかに安全に下れるかに注力するはずなんですが、、、
伊吹山の運営には常識が通用しないようだぜw

ここで微力ながら、安全に下るポイントを紹介したいと思います。

長い下りなので、ブレーキの引きっぱなしによるリムへの熱の蓄積に注意。
リムブレーキの人は空気圧をチョイ下げて、
時々停車しながら、リムの放熱をしっかりと。
これを怠ると、熱によるチューブ劣化&空気圧上昇により高確率でバーストします。

だいたいブレーキをかけるのはコーナー手前ですよね。
コーナー始まったところでバーストするとトラクションを一気に失い、
ガードレールか、最悪の場合谷底へ真っ逆さまです。

前走車のペースについていく必要はないので、景色を楽しむ余裕を持ってゆっくり下山。
もし、早く下山しろと言われても無視しましょう。
後の事情など知ったこっちゃありません。
無理なスケジューリングに付き合う必要はないので、自己防衛をしっかりと。

お家に帰るまでがヒルクライムです。
どうかご安全に!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント