2017/07/09

最近の朝食。

ヒルクライム大台ヶ原へ向けての
コンディショニングのお話。です。

年間何本もレースを走る訳ではないので
ターゲットレースに向けたコンディショニングとシミュレーションは
レース日の数ヶ月前から始めています。

体重、体脂肪率の管理に始まり、
就寝、起床時間はレース当日の動きに合わせ、
トレーニング頻度と強度も目標達成に必要な内容に徐々に変更していきます。

そうなってくると消費カロリーも
レースに合わせた内容に変わってくるので
1レース走りきるために必要な量と、
最高のパフォーマンスを叩き出すための食事を考える必要が出てきます。

人によって代謝量やパフォーマンスは異なるので
あまり参考にならないかもしれませんが
自分の場合、最近のトレーニング傾向から
1m登るのに1kcal必要なのはほぼ間違いなし。

朝食のみで賄おうとすれば消化に無理が出るので
前日からカーボ多めのメニューでカーボローディングをします。
グリコーゲンを溜め込むというよりは
ウオーミングアップと序盤の15分に必要な分だけキープしておく感じです。
ちなみに二日以上前からカーボローディングをやると
足が浮腫んだように重くなるのでよほどの事がない限りやりません。

そして朝食。
これもレース当日に確実に摂取できるもので日々シミュレーションしています。
最近は起床直後にプロテイン0.5食、ビタミンB群サプリ、
バナナ1本、薄皮あんぱん3個〜5個、コーヒー、
クエン酸1g、アルギニン&シトルリン1錠を摂り、
90分後スタートでほぼ安定。
レース強度になるともう少し必要になる気もしますが
あと2ヶ月ほどの間でトレーニング強度を上げつつ試していきます。

朝食の選定理由は
消化・吸収がおおよそ1時間以内に完了するもので、
代謝の補助、血流改善、持久力向上、足つり予防効果が期待されるもの。
プラシーボ効果だったとしても、結果が出ればそれでええやろくらいの気持ちです。

来年には全く違う事を記事にしているかもしれませんが、
成功も失敗も記録に残しておけばきっと役に立つので
近況をまとめてみました。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント