2016/07/09

プロショップも知らないチェーンリング

チェーン交換からのメンテ続き。

相変わらずちょっとテンションかけるだけで歯飛びして
ダンシングもままならなかったので
スプロケも交換しました。

で、インナーは踏めるようになったけれど
アウターが相変わらず歯飛びしまくり。
よく見るとチェーンリングの歯先がめっちゃ尖っていました。
フリスビーのように投げたら壁に刺さりそうです。。。

こうなってしまったらどうしようもないので
チェーンリングも交換することにしました。

完成車についていたクランクセットは
FSA GOSSAMER 50/34 BCD110m N10/11 5アーム
メインコンポが105なので、BB30に対応する類似グレード製品として
このクランクセットがアッセンされていたようです。

ここで
BCD(Bolt Circle Diameter)ってなんや?って思いましたが
PCD(Pitch Circle Diameter)と同意のようです。
もひとつ
N10/11っていうのは10/11速対応ということっぽいです。
10速と11速ではチェーンピッチがわずかに違うんちゃうか。。。?
と疑問に思いましたが詳細不明。

チェーンリングの規格がわかったところで、早速ネット検索してみると
BB30が嫌われているのかクランクセットごと
結構な数の新古品/中古品が出回っていました。
しかも3,000円前後で。

価格は魅力的でしたが、
チェーンリングが原因っぽい歯飛びに悩まされているので
問題点を間違いなく潰すためにも、ここは新品に交換することにしました。

そしてここからが今日のネタ

クランクはそのまま使うとして、
まずはチェーンリングを入手しなければならないので
適合規格を整理してみましょう。

どうせ交換するんだったらSHIMANOがいい!
引き続きコンパクトクランクがいい!ので50/34T
11速対応
5アーム

仕事帰りに近場のプロショップを2軒ほど回って在庫があるか聞いてみると
そんな製品ないですよ。
とのつれないお返事。
(゚д゚)マジかよ。。。

SHIMANOは11速になった時からTiagraですら4アーム化しているので
SHIMANOの11速対応チェーンリングは4アームという認識が一般的なようです。
実際にSHIMANOのホームページをチェックしても全グレード4アームでした。

じゃあSHIMANOで条件を満たす5アームはないのか。。。
ディスクブレーキのセンターロックといい、
またしてもメジャー規格に屈してしまうのか。。。。

ここで再びグーグル先生の出番です。
条件をあれこれ変えながら検索を繰り返すと
あった!ありましたよ!

FC-RS500!
全ての条件を完璧に満たしています。

メインコンポが105の完成車に
コストダウンの為にアッセンされる事が多いらしいクランクセットですが
グループセット外なのでノーネーム。

いいですねぇ。見た目に余計なロゴなど無く、
目的を果たす為だけに存在しているような無骨さにそそられます。
今回はこれのチェーンリングのみをオーダーしました。

グレード的にはTiagraと105の間くらいのようですが
コスパの良さはトップクラス。

ひとまずこれでホッと一安心です。
まだまだガンガン乗りまわせるぜ〜(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント