2016/10/09

読むサプリで速くなる。

今日はsenさんからお借りした本の紹介です。
(表紙画像クリックでAmazonへ飛びます。)



裏表紙の方には
走らず、歩かず、立たず、脚を温存
カーボローディングはしない
ウォーミングアップはしない
スタート直前までお餅を食べ続ける
レース中でもエネルギーを取り続ける

などと、なかなか
ウソくせーーーーー
と思わせるキャッチコピーが並んでいます。

なので、今回のタイトルもちょっとウソくさくしてみました(=゚ω゚)ノ

本は文庫本サイズで200ページほどなのでサクッと読めるボリューム。
これでタイムが劇的に縮まるなら読まない手はありません。

で、実際に読んだ感想ですが、
トップレーサーではなく、あくまで市民ランナーへ向けた内容となっており
読みながらなるほどなぁ。と何度も感心させられました。

裏表紙のセンセーショナルなキャッチコピーも
基本的な行動理念を、少し極端な表現にしているだけのように思いました。
この辺はコピーライターのセンスでしょうか。(良いか悪いかは別にして)

●走らず、歩かず、立たず、脚を温存
要約すると、レース前には無茶すんなよ。
会場までは極力交通機関などを使うように。
前日入りはOK。ただし、ショッピングや観光などはもってのほか。
レースの後で存分に楽しめば良い。

おぉ。そりゃそうだ。
大台ヶ原に自走入りして、うろうろと観光しまくった自分としては
なんだか痛いところを突かれた気分になりました。

本の中ではもっと徹底的に足を温存するための具体例が書かれてあって
ここまでするか?とも思いましたが、ここまでやってこそ意味があるし
ベストを狙うためにはここまでやらなければと思いました。

●カーボローディングはしない
(極端な)カーボローディングはしない。
米やパスタなどで炭水化物を摂取して、筋グリコーゲン貯蓄量を増やすカーボローディング。
これをしないランナーやレーサーはいないですよね?
ただ、直前になってドカ食いするのは禁物。
食事量を変えるのではなく、食事のバランスを炭水化物寄りにしましょう。
真面目にトレーニングしている体なら、1週間前からのドカ食いで
体重が1kgは簡単に増えて、レースタイムに影響しますよというお話。

これも経験がある方が多いのではないでしょうか?
レース後などにドカ食いして、絞った体がブクブクと太る。。。
兼松選手やパパクライマー選手でさえ、
乗鞍の後はどえらい事になっていました。

両選手の場合はレース後ですが、
レース前で炭水化物をドカ食いするのは絶対に避けましょうという納得の内容。

●ウォーミングアップはしない
ウォーミングアップは上級者になって、十分に走力のある人だけがするべきで
走力が低い場合は、レース直前までは徹底的に足を温存し、
レース序盤をウォーミングアップとして使えば良いという内容。

フルマラソンでは相当の時間走り続けることになる為、
ウォーミングアップは疲れるしやらんとこっていうスタンスだったので
これも納得の内容。
というか、そうか、、、自分の走力が足りないだけか。。。|ω・`)

ただ、自分の場合は、自転車競技においては全ての人にウォーミングアップが必須だと思います。
マラソンの場合はどの位置で走っても個人の走力=レースタイムという感じですが、
自転車競技の場合、スタート直後の集団に入れるかどうかで大きくタイムに影響が出ます。
ここでウォーミングアップができていないとあっさりと置いてきぼりをくらい
効率の悪い単独走を強いられます。

●他にも。。。
疲労コントロールの方法やおすすめサプリ、
ペースの作り方から直前トレーニングメニューなど
幅広く解説されていて非常に参考になりました。

今までなんとなくやっていたことも読みながら当てはめていくと、
こんな考え方もあるんだなと新鮮な角度から見ることもできました。

ひとまずこれで
ヒルクライム大台ヶ原75分はもらった!
♪(/・ω・)/ ♪
















って、んなこたーないですよね。
コツコツ行きますよー。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

キャッチコピーとは裏腹にマトモな内容だったでしょ?w
内容を全部実践するのは難しいし自分に合っているとは限らないですけど、計画的にマラソン本番に挑む指針としてはいい本だと思います。
僕はこの本を読んでサブフォー達成しました!
マラソン前夜に宴会して0時過ぎまで飲んでましたけどw。

Re: No title

ホント、senさんはアルコールがガソリンなんちゃうんか。。。と思うほど飲んだ後も走れるのが凄すぎw。
ところで、本の方は補給で脳を騙すってところがなかなか興味深かったです。
パワージェルってせいぜい100kcalで何の役に立ってるのかいつも疑問に思いながらも摂っていたんですけど、なるほど納得!の理由で超スッキリ(^^)